FC2ブログ

2015.11.13 (Fri)

耐え難いもの

ランニングといえば
流浪の画家、裸の大将こと山下清
いか天キング、たまのランニングこと石川浩司
頭に思い浮かぶ。

人を見かけで判断するなという良い事例だ。

しかし・・・
彼らのどこが凄いんだ?と、思う人にとっては、
やはり彼らは、見かけどおりのただのランニングに過ぎないのです。

こんばんわ すずまさフリーです。

当たり前の話ですが、考え方、感じ方、信念、価値観は人それぞれですから
そりゃ人と人はぶつかり合う様に出来ていますわ。
ましてや国レベルとなると・・・・


nihon.gif




さよなら人類
あの有名なサビと石川浩司氏の「着いたあああー!」のインパクトが強くて
ちゃんと聴いたことがなかったけれど・・・
よくよく聴くと歌詞に深い意味があって良い曲だった。

すごい完成度!
もう、見事としか言いようがない!
ランニング・・・張りきっていますよ。






スポンサーサイト



18:18  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

こんにちは。

「たま」久しぶりに聞きました。
いま聞いても不思議な曲ですね。
当時インパクトが強かったの思い出しました。
懐かしいですな。
ネモ |  2015.11.14(土) 11:26 |  URL |  【コメント編集】

ネモ様 こんにちわ!

戦争で文明が崩壊するのを危惧する歌。・・・らしいですよ。
ブーゲンビリアの木・・・何かに似ていませんか?
こわいこわい!

あの頃は、ジッタリン・ジンも好きでした。
いや、今も時々聴いています。

すずまさフリー |  2015.11.14(土) 15:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://szmasa1.blog.fc2.com/tb.php/629-4501c33a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |