FC2ブログ

2014.10.17 (Fri)

でぃ~ぷぶらっくだ~く

mienai.gif



知らないことは幸いである。

彼らは知らないのだ
 己が生かされているということを。

ただ一人の存在のみが彼らを守り給う 。

喪失の日
 彼らは身を以て知ることになるだろう。

・・・今はまだその時ではない。


こんばんわ すずまさフリーです。

どこぞの国の千年の恨みではないが
なるほど、骨の髄まで刻み込まれた憎悪というものは
そう簡単に浄化できるものではないのであろう。

浄化するためには
A. 憎しみを凌駕するほどの幸せな生活を得る
B. 憎しみに相当する苦しみを相手に与える
のいずれかである。

Aは己か相手のどちらかが死ぬまで、その生活が続かなくてはならない。
不幸になった瞬間から、まるで思い出したかのように憎しみが湧いてくるからだ。

Bにいたっては非常にシンプルであるが、今度は己が逆の立場になる可能性も否めない。
負の連鎖。


失うものがない者は幸いである。
気兼ねなくBを選択できるであろう。

・・・・私はまだその時を迎えていない。



スポンサーサイト



21:34  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

*Comment

ど、どうしました!?大丈夫っすか!?
ゆめもり子 |  2014.10.17(金) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

ゆめもり子様 こんにちわ!

らふまにの直情的な美旋律で癒され中・・・
すずまさフリー |  2014.10.18(土) 11:28 |  URL |  【コメント編集】

AもBも選ばなくていいように 法律があるわけですが、
全ての人が法の下の平等にあるとは限らないというのが特徴

どれも痛し痒し

私なら相手がどんな状況におかれようが金輪際一切関わらないという選択をします。
stayhomemumnaoko |  2014.10.18(土) 11:49 |  URL |  【コメント編集】

stayhomemumnaoko様 こんにちわ!

人は感情の生き物だという事が身に沁みる今日この頃です。

母という重石がある限り大丈夫です。
願わくば、私より長生きしてくれることを。


すずまさフリー |  2014.10.18(土) 14:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://szmasa1.blog.fc2.com/tb.php/452-9827453d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |