FC2ブログ

2014.01.11 (Sat)

新成人よ

こんにちわ すずまさフリーです。

成人の日を前にして・・・

カーチャン コピペより


幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。
学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。
それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、
何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、
近所の河原とかに遊びに行っていた。
給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。
俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ
豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。
母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。
チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われ、
帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外のベンチで弁当を食べて帰った。
電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。
結婚もして、母に孫を見せてやることもできた。

そんな母が去年の暮れに亡くなった。
死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように
「野球、ごめんね」と言った。
俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。



なお、私は46歳、独身、無職・・・・
先程、母にお茶をお出ししました。

kachan.png

スポンサーサイト



15:42  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑

*Comment

こんばんわ~とてもいい話ですね、私と重なるようで、あるんだなって

思いました、すずまささんは親孝行ですよね

お母さんは幸せだと感じていらっしやると思います

いつまでも気持ちをかえないでね
桃子ママ |  2014.01.12(日) 21:36 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2014.01.13(月) 09:49 |   |  【コメント編集】

桃子ママ様 おはようございます!

父のときは、一粒すら出なかった涙も、
母が逝ったときは、おそらく出るでしょう。
もし出なかったとしたら、もはや私は
すずまさフリー |  2014.01.13(月) 09:55 |  URL |  【コメント編集】

■親孝行

このコピペ読んだことあります。
親の愛はお金ではないと思うと同時に、お金がないと子を満足させてやれないような世の中になっている今を憂いています。子供の欲求もお金がかかるものが多かったり。むつかしいなぁ…質素でも幸せで愛情を感じてくれるように育てるのが困難な時代です。

親孝行、自分はまるでできていないと感じてますが、親の立場からすると、子供がのびのびと育ってくれるだけで十分親孝行だよと思ったりしています。

そう思うのに、娘としての私は親不孝者だとしか思えない、矛盾を抱えて生きています。
るるり |  2014.01.15(水) 15:24 |  URL |  【コメント編集】

るるり様 こんばんわ!

いろんなことが思い通りになる人生ならどんなにいいでしょうね。
まあ、そうはいかないところが面白いところか。
流されるも良し、抗うも良し。

私もある意味親不幸でしょう。
我が家の家系は私で途絶えるのですから。
だが、それもまた良し!
すずまさフリー |  2014.01.15(水) 20:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://szmasa1.blog.fc2.com/tb.php/306-3b4e0762

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |