FC2ブログ

2018.09.07 (Fri)

責任の在処


家庭菜園者は
どこまで責任をとる覚悟で
近所に野菜を配るのか?


こんにちわ すずまさフリーです。

近所の人が、自分の庭で栽培したモロヘイヤを持ってきた。
母は人が良いから、すぐ貰ってしまう。

でも、知っていましたか?
モロヘイヤには毒があることを・・・・

ストロファンチジン
 めまい、動悸、吐き気、最悪の場合は心不全

部位
 種
 発芽して間もない若葉
 サヤ
そして最近では、茎部分にも毒性があることが確認されている。という記事もあった。

母に聞いたら、毒のことは知らなかったようだ。
当然、くれた相手からも、毒について注意をされることはなかった。


市販のモロヘイヤは、若い時期の葉と茎を収穫して販売されてるので
とりあえず問題はない。
プロがおこなっているのだ。当然といえば当然か。

ただ、家庭菜園者はどうなのだろうか?
収穫のタイミングとか、食べて良い部位とか、
ちゃんと考えて配っているのだろうか?
上手く出来たから、沢山採れたから、他の人にも召し上がってもらいたい。
ただ、その気持ちだけで、闇雲に配っているのだろうか?
食べた相手に何かあったとき
どこまで責任をとる覚悟があるのだろうか?

我が家の人間は
そんなことを相手に聞けるほど図太い神経の持ち主ではないので
葉っぱの部分を少しだけ食べて
残りは全部捨てた。

また持ってくると思うと、憂鬱・・・・・・



スポンサーサイト



11:58  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://szmasa1.blog.fc2.com/tb.php/1131-c07fa348

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |